難波のロケット 打ち上げカウントダウン始る


南海なんば駅に設置されているNー1型ロケットが ついに打ち上げられる時が来たようだ 約28年間人々に愛され続けたロケットが皆の思い出を載せて 時のかなたへ飛び立ちます


南海電鉄が発表したところによると 南海ビル等の改装工事を進めるらしい 8月にも着工し2009年秋に完成予定 それによりロケット広場も生まれ変わる N-1型ロケットは撤収され 新たに屋根を設けて 東京チックなスマートな感じの空間になるらしい 大阪は人類の進歩と調和をテーマにした万国博覧会の開催地であり 東大阪の英知を集めて人工衛星を打ち上げようというご時世です なんばにロケットがあっても良いんじゃなかろうか 逆に打ち上げられるほんまもん(今のロケットも中身が無いだけのほんまもんらしい)を設置するぐらいの遊び心というか懐の深さみたいなもの見せて欲しいもんである 考え直してくれへんかな



化粧直しされる南海ビル ラピートの看板は取り外されるらしい


ついでだからなんばパークスにも行ってみた



パークスガーデン スイスホテル駐車場より撮影



パークスガーデンに咲いてた花 結構頻繁に植え替えをしているらしく 行くたんびに違う花が咲いてる



渓谷をイメージしたという2期棟のデザイン



南側(ヤマダ電機)からみたなんばパークス このあとヤマダ電機の無料送迎バスで梅田まで帰る やっぱタダはええな 座れるし 帰りのJR 今日はseemoの乗った電車がトラブった ここんとこまともに帰れたためしがない どうなってんの JRさん