幻の紫陽花

image

七段花(シチダンカ)という 紫陽花です
この紫陽花は 存在は知られていましたが 
誰も見たことが無い 幻の紫陽花でした

この花は 江戸時代から知られていて
シーボルト(幕末に長崎に来たオランダ医師) が著したフローラ・ジャポニカ の中で
ヒドランゲア・ステルラダという名でこの花を紹介されてますが
彼のあと日本人の誰もがその実物や標本を見たものがなく 長い間探し続けていました
たまたま、昭和34年(1959)当時、六甲小学校に勤務していた 荒木慶治氏が
六甲山ケーブルの沿線で偶然にも採取し 
室井繰博士によって それがシチダンカで あることが確認されました
まさにシーボルト以来130年ぶりの発見でした これが「幻の花」の由来です

以上 神戸市立森林植物園の説明より

ちなみに 紫陽花の花言葉は 移り気とか冷酷とか ちょっと残念系です

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]