乗ってみた

今里筋線 乗ってみた 家から徒歩で井高野駅へ向かう 約30分歩けない距離ではないが ちょっと遠い 



今までの地下鉄とは違ったデザインの入り口である ちなみにオレンジは今里筋線のイメージカラーである 




ホームにはよっぱらい対策?(笑)の可動式ホーム柵が取り付けられている 大阪ではニュートラムでおなじみである 



多くの鉄道は電光掲示板のようなもので次の電車の行き先や発車時間などを表示しているが 今里筋線ではテレビ(モニターというべきか)を使っていた 携帯でリモコンアプリを起動して ピッとやればちちんぷいぷいが映りそうな気がする もちろん映りませんが このあと太子橋今市駅で四つ橋線に乗り換えて東梅田に向かうつもりだったのだが 気がつくと今里だった 期せずして今里筋線往復の旅を体験した後 気を取り直して東梅田へ 本店の取り壊し状況を確認する 写真も撮ったのだがこれに関してはまた後日 工事現場って工事の期間や請負業者とかを書いた看板が必ず設置されてますよね 大成建設の名前がまだ載ってた なんとか保険の期間が1月31日になってた これって年末に見たときは12月31日(去年で終わりだった)になってたんだけど テープを貼って上から書き直されていた 工事押してるんですね ちなみに阪急が設置している看板からは大成の名前は消されていました そりゃそうだよな けつ割ったんだから でも良く見ると大成って書いてあったのがわかります  その後JR大阪駅へ向かう




以前の大阪駅は天井も低く 床は茶系で壁はクリーム色というか黄土色みたいなタイルが張られていて お世辞にも明るいとはいえず少々薄暗い感じであったが




変われば変わるもんである 天井も高く明るくなった 階段はエスカレーターになりエレベーターも各ホームに設置された(工事の完了していないホームはまだ設置されていません) ちなみに上の写真の11番線あっちの看板の出ている写真の場所は 近い将来ホームと線路が撤去されて三越の入るビルになります そろそろ見納めの時期かも知れません



JR岸辺駅です なんの変哲もない田舎の駅ですが 2011年春に橋上駅に立て変わります 橋上駅というのはJR尼崎やJR茨木を思い出していただけたら解ると思います あのタイプの駅です 何の変哲もない駅ですが大阪の将来を左右する大プロジェクトに1枚どころか2枚も3枚もかんでいます 実はこの駅の改築と一緒に設置されるJR貨物の吹田駅が完成しないと 大阪駅北地区(通称 北ヤード)の2期工事が始まらないのです 結構重要なポジションを占めているのにまったく注目されていません 駅前では北ヤードよりも広大な敷地の再開発も動いているのに ジモティー(地元の人 今でもこんな言葉使うんだろうか)としては もうちょっと注目して欲しいなと思うseemoでした