朝日の死神報道について

朝日新聞が全国紙のコラムで 鳩山法務大臣を死神と表現したらしい 私自身はその記事を読んでないので 確認していないが どうもそういうことらしい これはとても問題のある記事ですよね 世の中には死刑制度を廃止せよと声高に叫んでいる人がいることも知っているし 死刑の執行がハイペースで進んでいることも知ってます そのことで法務大臣が批判されていることも 当然知ってます しかし死神という表現はいかがでしょうか なにも好き好んで 死刑の執行命令を出してるわけではないでしょう 法の定めに基づいて 粛々と進めているだけのこと それが法務大臣の責任なわけでしょ それを死神と言ったんじゃ 法務大臣だけじゃなく 実際に刑を執行する人 さらに刑を確定した人 刑を求めた人に至るまで その判決に関わったすべての人を 馬鹿にする行為だと 私は考えます そのような記事を 簡単に 掲載する新聞の 浅さというか 低さというか それなりの影響力のあるメディアなんだから 言葉は選ばないと 名誉毀損で訴えられても 文句言えないよ これじゃ