• 雑記 木, 2月 7, 2008

    最近 1967年7月着工した阪神西大阪線の延伸工事にあわせて造られた 地下への階段が 最近まで使われずに眠っていることを知った 


     


    九条南2丁目にあるNTTのビル 画面中央の消火器のあるところ 普段は閉ざされたその向こうに



    こんな階段があるそうだ 地元でもあまり知られていないらしい この階段このたび正式に九条駅の出入り口として利用されることが決まったそうです 日の目を見る階段もあれば 見ない階段もある



    このビルの



    この階段 NTTのビルとは道路はさんで向かい側なのですが ほんとは出入り口として利用されるはずだったのが 計画変更で利用されなくなったそうです 幻の出入り口になってしまいました この下って何があるんだろう 気になるなぁ 守衛さんが見てたので 下りる事は出来ませんでした(笑)






    九条ー西九条間の今です 




    今日の西九条駅付近です まだ橋桁は架設されていませんでした でも準備は着々と進んでいるようです

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [`yahoo` not found]

    Posted by seemo @ 00:18 for 雑記 |

    Sorry, the comment form is closed at this time.