大阪経済大学創立75周年記念事業

大阪経済大学が創立75周年を記念して各界の著名人をお招きして


文化講演会を開いている 堺屋太一元経済企画庁長官や


竹中平蔵特命大臣など5人の講師がお話してくれるそうです


今日はシリーズ3回目の阪急阪神HD角和夫代表取締役社長の


講演です 題して 阪急阪神統合と大阪の都市再生について


なんかseemoの知らないネタが聞けるかなと思い


ドキドキしながら大経大へ 場所はフレアホールという所で


これが大経大の敷地内ではなく 元ダイエー上新庄店の


斜め向かいにあって たどり着くのに時間がかかって


開演15分前でした さすがに人が多くすでに満席に近い状態


seemoはロビーのパイプ椅子に座って聞くことにしました


ノートとペンも持って準備万端で聞いていましたが


これといって新しい情報はありませんでした


ちょっと残念です  が 最後の質疑応答で面白い話がありました


seemoも北ヤード新線について既存の阪急のネットワークと


接続するのかと西梅田駅は現状だと阪神の軌道に干渉するので


北進は出来ないらしいのですがその辺の技術的課題をどう


クリアするのかについて聞いてみたくて 質疑応答の時間に


なってから強引にフレアホールに入ったのですが


当ててもらえませんでした 残念です


で 質疑応答に出てきたネタなんですが 阪急神戸線と


神戸市営地下鉄の接続について 地元負担という話が出てくるので


今は神戸市にその余裕が無いので止まっているが 阪急としては


あきらめたわけではなく 地下鉄との相互乗り入れが必要である


というスタンスに変わりは無いということ 淡路駅は2層の駅になる


ということ しかもJR外環状線の高架線の上を走るので すごく


高いところに駅ができるそうです 2層と聞いて一瞬千里線と


京都線を分けるのかと思いましたが それをやってしまうと


車両基地の問題があるので きっと上りと下りを分けるのでしょう


上りと下りが干渉しなくなることによって スムーズなダイヤが


組めるということになるんでしょう 良くわかりませんけど


今日の収穫はこの二つぐらいでしょうか あと京都線の


ダイヤ改正についても触れてましたけど どうやら大阪市交通局


地下鉄8号線(今里筋線)にお客を取られているというのは


ほんとのようで 大阪市交通局とは仲良くやらせてもらってます


と 必要以上に強調していたが 準急の設定が8号線対策で


あると直接的には言わないけど そうとしか取れない説明だった


どうやら3月に中期経営計画が出るらしい 今はそれが


楽しみです この講演会 次回は3月13日に加藤廣氏を迎える


のだが seemoはこの人知らないのでパスして その次


大とりを務める竹中教授の改革と成長というお話を聞きに行こう


と思います 4月20日 今度は早いってホールの中で聞きます


ロビーでは寂しいし少々聞こえづらいので