箕面グリーンロード

今日は年内最後になるであろうお休みの日である 所用で以前勤務していた店舗に出かけてその帰り 箕面グリーンロードの建設現場を見てきた 止々呂美側はだいぶと工事が進んでいて 道路の姿が現れていて あとアスファルトで舗装したり法面をコンクリートで固めたりしたら完成しそうな感じ 料金所のブースも出来ていた 白島側は地表を鉄板で覆い隠してその下で(地下ということ          いわゆるオープンカット工法というやつ)工事していたが 鉄板も無くなり ほぼ完成のようだ 後は細かいところをちょちょっと化粧すれば完成ですね 来年の春の開通に向けて 工事は順調に進んでいるようです ただこの工事で トンネルの上を流れる5本の川が枯れたそうです また箕面の滝の水量も落ちたそうで トンネルにはものすごい量の地下水があふれ出ているそうで それをポンプで汲み上げ 箕面川に戻しているそうです そのポンプの電気代が年間3千万円かかるとか その電気代も料金に反映されてるんですかね 地下水脈をぶった切ってトンネルを通したせいで川が枯れ 滝が痩せ 余計な電気代がかかる そういえば最近箕面の付近の山に立ち枯れした樹木が多いような気がするのは偶然ではないのかな せめて車がたくさん通って皆が便利になったと実感できればトンネルを通した意味も在るけど ぜんぜん車が通らなくて 狐と狸の通り道になるようだと 無駄な公共工事と言われかねないですよね そうならないよう通行料金見直してくれないかな 片道600円はやっぱ高いよ