和歌山のカレー事件について

死刑ということで おおかたの予想どおりなのかもしれないけど なんだかすっきりしない気がする

状況証拠を積み上げての有罪なのだけども その証拠の根拠が弱いものが多いそうだ

日本の裁判には 疑わしきは 罰せず という方針がある  確実な物証が無い中で 多分そうなんだろうというギリギリの判断での死刑判決というところがすっきりしない原因かな

判決を受けて 林被告(死刑囚か?)が出したコメントに 裁判員制度でも 死刑になるのでしょうか という一文があった

おまえら さんざん死刑にすればええとか言うとったけど いざ裁判員に選ばれたら死刑の判断が出来るんかい と問われたような気がした

とりあえず 一つの区切りを迎えた和歌山カレー事件 結局最後までいまひとつよくわからない事件でした

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`yahoo` not found]