月別アーカイブ: 2008年5月

重文 焼ける

大阪府吹田市の紫金山(しきんざん)公園にある 吉志部(きしべ)神社が放火(らしい)によって 焼け落ちた

火事を伝える朝日の記事→http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200805230029.html

火事を伝える読売の記事→http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080523p102.htm

紫金山公園はseemoにとってもなじみの深い公園で 幼少ころより遊びに来てたところ 決して近所というほどではないが チャリンコで親に連れられてきてた まだ佐井寺のあたりの開発が始まる前は ただの竹やぶが広がる 山 であり 格好の探検というか 冒険の出来る場所だった そのころから 神社があるのは当然知ってたわけで あの神社が燃えたのかと びっくりしたしだい やはり地元で起こる不審火というのは嫌なもんですね しかし神社に火を点けるなんて なんてばちあたりな 早く犯人つかまって欲しいです

万博公園螢の夕べ

event_hotaru.jpg日程:5月30日(金)~6月8日(日) ※雨天中止
時間:~21時30分まで開園時間を延長 ※入園は21時まで
場所:日本庭園 西地区流れ

都市化の波で、自然の螢を見る機会も少なくなりましたが
幻想的な光を放つ螢の姿は初夏の楽しみのひとつ
万博記念公園で、ゲンジボタルとヘイケボタルの
ロマンティックな光の競演をお楽しみください。

※ホタルの発生状況、雨天時の開催につきましては、独立行政法人日本万国博覧会記念機構の
 ホームページでご案内していきます。
※雨天時の開催のご確認は、当日15時以降にお願いします。
※電話によるお問い合わせは「総合案内所」06-6877-7387まで。
 なお、混雑してつながりにくい場合がありますので予めご了承ください。
※会場でのカメラ撮影やビデオ撮影、ホタルの捕獲などはご遠慮ください。
※気候、水質環境により螢の発生量は変化します。予めご了承ください。
※夜間公開は日本庭園西地区のみです。

独立行政法人 日本万国博覧会記念機構のHP

http://park.expo70.or.jp/facil/facil_00.html#hotaru

毎年出かけてます 今年も楽しみやぁ 上にも書いてあるけど 必ずフラッシュをたいて 写真を撮ろうとするやつがいるんですよね 止めて下さい 絶対写りませんから フラッシュの光にびっくりして ホタルが逃げちゃう ケータイやコンデジでホタルは写せません 静かに観賞しましょうね

万博おゆば

大阪府吹田市の万博公園西側に 万博おゆばというスー銭があります どうやら 先月に改装したらしいと聞いて 出かけてみた 結果からいうと 改装というよりは 拡張ですね 露天風呂が広くなり 日替わり湯の浴槽と 源泉の浴槽 塩サウナが新設されていました もともとあるところは 変わりないですね ただ高濃度炭酸泉は常設になってます(以前は期間限定のイベント扱いだった) オープン当時に出かけたときは 正直 あまりぱっとしない(笑)イメージでして 数えるぐらいしか出かけたこと無いのですが かなり充実してきたなというのが 感想です でもね ここ3時間しか滞在できないのよね 駐車場が 万博の駐車場なので(というか西駐車場の中にある)基本1日1200円なんですね 駐車場に入れば1200円取られるということです でお風呂に入れば3時間まで無料にします(マッサージやレストランを利用すれば5時間)ということなんです 時間のしばりがあると 気になってのんびり出来ないんですよね 実際今日も2時間55分でぎりぎりでした お風呂に入れば時間に関係なく無料にしますとならないかなぁ そうすれば 万博公園を散策して 帰りにおゆばでのんびりして帰るという休日の過ごし方が出来るんだけどなぁ  終日無料化はseemoが思ってるだけではないみたい 検討してもらえないかな 宜しくお願いしますよ おゆばさん

NEC_0132.jpg

NEC_0133.jpg

 

120円で530キロ 安く電車に乗る方法

ヤフーニュースに面白い記事がありました

<鉄道の旅>120円で530キロ 安く電車に乗る方法に挑戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080518-00000012-maiall-bus_all

 大都市近郊区間なら途中下車しない 同じ駅を2度通らないの条件を満たせば 遠回りしても最短距離の運賃でいいらしい JRのHPにもそう載ってます http://www.jr-odekake.net/guide/info_2b.html#5 今ケータイ国盗り合戦というイベントに参加してるので こりゃ使えるな seemoも試してみよ

info2_6.gif