月別アーカイブ: 2007年12月

デジタル 3-D映画

今年最後の休みである今日 朝は会社に行って 昼の映画に間に合うように 帰ってくる 今日は甥っ子を連れて 茨木のワーナーマイカルに出かける ルイスと未来泥棒というディズニー作品を鑑賞する いわゆるCGアニメです さらにデジタル 3-D処理が施されていて スクリーンから飛び出すわけです 映画の内容は あきらめてはいけない 常に前に向かって行こうというメッセージを伝えるものです 実は甥っ子よりもseemoが見たかったんです デジタル 3-Dというのに惹かれまして なんでも関西では 茨木とりんくうのワーナーマイカルでしか見れない最新技術だそうで 従来の3-Dは赤と青の色眼鏡をかけて見ましたが デジタル3-Dは専用の眼鏡(たぶん偏光ガラスというやつではないかと思う)をかけて見るんですけど 従来の技術に比べて 色の再現性が良くて 目が疲れにくいのが特徴だそうです なんと1秒間に144フレームという数で動画を作ってるそうです 確かに疲労感も違和感も無く 自然に3-D映像を楽しめたと思います よりリアルな感動体験を この技術が主流になっていくか 非常に楽しみです

今日のニュース

今日は気になるニュースが2本ありました 1本は JR東海 自己負担で中央新幹線(リニア新幹線)を建設へ というもの 正直国に任せていては seemoが生きてるうちに 開通するかわからないというのが現実でしたが 必要な物(企業的に)は自分で造るという方針転換ですね ただ頭の固い役人どもは 新幹線建設の枠組みから 自分たちを外すのは うまいしるが吸えなくなる(利権が逃げていく)ということなので 嫌なようですな 早速難癖つけて 反対の意見を述べております 国会議員のセンセーの中には そんな金があるなら 整備新幹線に回せ なんていってるのもいます こんなこといってるセンセーは 新幹線は自分が選挙に受かるための手段ぐらいにしか思ってないんでしょうね JRが需要のあるところに鉄道を敷きたいと思うのは 当然であり それを邪魔する道理は無いはず だよね


もう1本は 阪急・伊勢丹 提携解消へ ファッションの東西の雄として ファッション関係で提携していたのを いろいろあって 解消することになった まあこれに関しては そうなるだろうと思っていたので驚きは無かった 2011年春 大阪駅北ビルに伊勢丹と経営統合した三越が出店します いわゆる2011梅田大戦争といわれるもの ある意味手の内がわかる物同士 ファッションを制するのは H2Oか 三越か これは見守るしかないね まぁ seemoには関係ないけどね 服はジャスコか通販で買うから(笑)

うめだ阪急の工事現場 2007


今年の1月 地上部分の解体が終わり あとは地下をという段階です 



2月 そろそろ解体工事もおわろうかというころ



季節は進んで7月 あれから 基礎工事が続いています



10月 基礎工事も終わったようです



11月 いよいよ建物の建設が始まりました



12月 2本のタワークレーンが登場 


今年1年は あまり目に見える変化の無い1年でした が来年は日を追うごとに高くなっていくビルに 心躍る1年になるでしょう 果たして来秋に開業できるのか それとも 来年もコンコースのクリスマス仕様のショーウインドーが見れるのか その辺が気になりますね 10ヶ月ほどで高層ビルって建てられるのかな どうなんだろう 来年は現場を見に行く回数も増えそうです (今年も月に1回以上は見てたけどね)